歯周病科

歯周病科

歯周病は全身疾患の元にもなる怖い病気。自覚症状がないので定期検診を

歯周病は、歯周病菌による感染症です。これは、歯茎の周りの骨を溶かしていきますから大変怖い病気です。歯周病は命を奪うとも言われていて、脳梗塞や糖尿病などの疾患を悪化させる原因になっていることも、現代ではわかっています。歯だけではなく、全身を守る意味でも、歯周病を放置することはとても危険です。

ただ、困ったことに、歯周病は痛みがないため、ほとんどの人は放置してしまいます。ある統計では、30歳を超えた8割ぐらいの方は歯周病にかかっていると言われています。自覚がないので放置してしまうのですが、痛みがでたときにはかなり進行している状態ですから、気をつけていかなければなりません。

深刻な状況になる前に、歯の定期検診をおすすめします。

こんな症状はございませんか?
  • 歯を磨く時やリンゴを食べた時、歯茎から出血することがある
  • 口臭があり、親しい人から口が臭いと言われたことがある
  • 歯茎から膿が出ることがある
  • 朝起きたとき、口がネバついたり、妙な味がしたりする
  • 歯茎が赤く腫れたり、痛んだりすることがある
  • 冷たい水を飲むと、虫歯もないのに歯や歯茎がしみて痛む
  • 歯がグラグラと動く感じがする
  • 歯茎がむずがゆい感じがする
  • 歯と歯の間によく食べ物がはさまる
  • 鏡で見ると、前よりも歯が長くなった感じがする

歯周病治療も痛みを伴わない治療を目指しています

歯周病治療には、外科的な治療もありますが、一旦外科的に菌を除去しても、ケアをしなければ再発してしまいます。当院では、痛みを伴わない治療を目指していますので、出来る限り外科的治療は行わず、ブラッシング指導、基本的歯周治療や薬を使った内科的な治療に重点を置いています。

細菌バイオフィルムとは?

単なる食べ物のカスではなく、複雑な細菌の塊でブラッシングの行き届かないところに膜のように形成されるのが細菌バイオフィルムです。これは、水流では除去できず、ブラッシング後も10~20%残存すると言われており、歯周病や口臭の原因となります。そして最も厄介なのは、一度除去しても再形成されるということです。

当院では、歯周病治療の先進国スウェーデンで広く普及している機材を導入し、低侵襲で痛みの少ないバイオフィルムマネジメントを実施しています。

位相差顕微鏡

口内の歯垢を位相差顕微鏡で見て歯周病菌を確認します。

POIC WATER

歯周病菌を殺す薬です。 人間の血液中にある免疫成分の次亜塩素酸(HCIO)成分を、高濃度の塩と水を電気分解して作った電解機能水です(食品添加物許可)。

薬剤・薬品を一切使用しておりませんので、小さいお子様からご年配の方までどなたでも安心してご使用頂けます。
洗浄と除菌の2つの機能を持っています。
汚れを分解洗浄した後に除菌力がUPする歯科機能水です。 タンパク汚れを分解洗浄して原因菌を徹底的に除菌します。

POIC WATER(エピオス水)の特徴
除菌作用がある
タンパク分解作用がある(バイオフィルムの破壊)
消臭力がある
温めるほど殺菌性が上がる(約60℃)
人体には無害
pHが中性に近いので虫歯になる心配がない
POIC WATER(エピオス水)で殺菌できるもの
ほとんどの細菌
カビ
ウイルス(B型・C型肝炎ウイルス・ノロウイルス・HIV・MRSA・インフルエンザウイルス・O-157、カンジタ菌など)

歯周病はケアを怠ると再発します。治療終了後もブラッシングと定期検診でメンテナンスを

歯周病は感染症ですから、治療で菌の進行を押さえます。ですが、一旦治療が終わっても、ケアを続けないと再発してしまいます。当院での歯周病治療では、特にブラッシング指導に力をいれています。患者様が日々自らブラッシングをして、ケアをしていただくことが、歯周病ケアでは一番大切なことです。そして、定期検診でメンテナンスをしていただくことをおすすめしています。

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、三越名古屋栄店歯科室まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • common_tel.png
  • 24時間受け付けております メールでのお問い合わせ