予防歯科

予防歯科

一生歯を残すためにも、治療後の予防を大切に考えます

どんなに歯を治療しても、治療後の歯はすでにリスクを負っているので、予防をしていかなければ、再び悪くなってしまうことが考えられます。予防を怠ったために、せっかく自費診療で入れた良い歯が悪くなってしまう、ということがあってはもったいないです。予防をしないと、最終的には治療が追いつかなくなってしまうことがあります。
また、治療よりも予防に力を入れることは、一生歯を残していくためにも価値のあることです。予防の大切さを患者様に気付いてもらうことも、当院の仕事だと考えています。

かかりつけ医を見つけることは、歯を残すことにもつながります

口内は常に変化しています。かかりつけで通っていただくと、前回のデータがありますから、写真やレントゲンを見比べたりして口内の変化を確認できます。もし、虫歯の前兆があれば、早い段階で処置することも可能です。

一方、常に歯医者を変えていたら、このようなチェックはできないので、口内環境を良い状態に保つことは難しくなるでしょう。虫歯や歯周病などの発見が遅れたりする可能性も高くなります。

歯を失う前に予防をおすすめします

歯を失うと、義歯やブリッジなどの処置をしなければなりません。そうすると、たとえば義歯の場合は、針金をかけていきますから他の歯に負荷がかかり、最終的に歯を失う可能性が高くなります。また、細菌に感染しやすく、二次的カリエスにもなりやすくなります。

ブリッジも同様に、健康な歯を削らなければならないことや、ブリッジの掃除がしにくいということから、虫歯や歯肉炎を起こしやすくなります。

将来にわたって歯を残してくことを考えるのならば、このような状態になる前に、歯を良い状態に保つよう、予防をしていくことが欠かせません。予防をしていれば、仮に歯の不具合が見つかっても、早い段階で処置ができます。それであれば、痛い思いをする必要もなく、処置ができるはずです。

検査で口内の状況を把握すれば予防に対する意識が高くなります

当院では、予防処置に唾液検査や歯周病検査をおすすめしています。ただ、自費診療になりますので、すべての人に強制でお勧めしているわけではありません。口内の状況が良い人は、唾液検査をやらなくてもわかりますので、あきらかにリスクが高いと感じる方におすすめしています。

たとえば、患者様が歯茎の出血を気にしているのならば、歯周病菌がいることが考えられます。そうなれば、口内環境が悪くなるリスクが高くなります。そこで検査をして、結果とともに患者様に説明をさせていただき、予防をすすめています。

ブラッシングの他にも普段の食生活にも気配りが大切

自宅でのブラッシングなどの歯のケアはもちろん大切にしていただきたいのですが、食生活にも気をつけていただくと、虫歯や歯周病のリスクはさらに減っていきます。

特に砂糖の大量摂取は、虫歯や歯周病のリスクが高くなります。虫歯や歯周病は生活習慣病ですから、当院では食生活もお聞きし、アドバイスをさせていただくこともあります。

また、口内の細菌が繁殖するのは、寝ている間の唾液が分泌されていないときです。ですから、寝る前にできるだけ口内の菌を落とし、朝起きたときには口内をリセットするという感覚で、口内環境を良い状態に保つことを意識してもらえると嬉しいです。

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、三越名古屋栄店歯科室まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • common_tel.png
  • 24時間受け付けております メールでのお問い合わせ