一般歯科

一般歯科

目に見えないものは治せないので、ルーペやマイクロスコープを治療に活用しています

当院では、虫歯の治療は、基本的に「神経を残す」ことを心がけて治療を進めます。

ただ、やむを得なく神経をとらなければならない場合は、治療後のトラブルがないように、ルーペやマイクロスコープを使い、複雑な歯の根にはびこる汚れを丁寧に取り除き処置をします。

 

ここで大切にしているのが、必ず「ルーペ」や「マイクロスコープ」を使うことです。
虫歯を削り、裸眼でみた限りでは虫歯が取れていると思っても、ルーペやマイクロスコープを使うとまだ虫歯が残っていることや神経が露出してしまっていることなどが、確認できることがあります。

そのような事がないように、当院では高倍率のルーペを用いた治療を行っております。

また、当院では、歯科衛生士もルーペを使用し、定期検診でも丁寧なケアを心がけています。

虫歯を放置すると抜歯へのサイクルが早くなる

虫歯を放置すれば、当然、虫歯も深くなっていきます。ひどくなってから治療をすれば、治療は大変になりますし、痛みを伴うこともあります。状況によっては、神経を取ることになり抜歯へのサイクルが早くなってしまいます。

ひどくなった虫歯もドックベストセメントで神経をとらずに治療できます

虫歯が深くなっていくと、歯の神経に近くなることがあります。当院では、そのような場合、神経をとらずに処置できるドックベストセメントを提案させていただくことがあります。

ドックベストセメントは、虫歯菌を封じ込めて殺してしまう銅イオンを使った治療法です。虫歯が神経に到達する前に、これを使うことで、神経を取らずに虫歯を治療できます。自費治療になりますが、将来、歯を残していくことを考えれば、虫歯の進行を止めることができることはとても有意義です。

ですが、初診の患者様の虫歯の状態が進行してしまっているときは、神経を取る治療を行うことも、もちろんあります。その場合でも、当院では痛みを与えないように配慮し、ルーペを使い、適切な治療を施していきます。

詳しくはこちら

神経を取ったり、歯をぬくことは極力しない治療方法を選択します

当院では、「生涯自分の歯を残す」ことを目的として、歯の治療よりも、口内環境を良い状態に保つことを大切にして、口内ケアをすすめています。

虫歯だけでなく歯周病も含めて、口内環境を良い状態に維持していけば、自分の歯は残すことができます。

しかし、お越しになった時点で、すでに大きな虫歯があり、通常なら神経を取ることになるような場合でも、もし神経をとってしまいますと、今後、歯の破折→抜歯というサイクルに乗りやすくなりますから、なるべく歯の神経を残すことを前提として治療を進めます。

定期検診による口内ケアのススメ

いずれの治療をした後も、治療後の口内ケアは大切です。ブラッシングやプラークコントロールで口内ケアを続ければ、虫歯が再発する可能性も低くなりますし、歯周病などの病気も防げます。定期検診を受けていただき、口内を常に良い状態に保つことを心がけていただきたいです。

訪問診療

ご高齢者に向けた訪問診療を行っています

当院では、ご高齢の方に向けて訪問診療を行っています。老人ホームなどへの診療以外に、個人の方への訪問診療も行っていますので、お気軽にお問合せください。

対応エリア

後日資料

訪問時間帯

後日資料

ご高齢の方へ

ご高齢の方は、全身的な疾患をお持ちの方もいらっしゃいますので、問診及び他科への情報提供依頼により、全身的な事を十分に配慮した上で治療を行ってまいります。

事業所健診

当院では、地域密着型の歯科医療として、名古屋市内の企業様に予防歯科検診を行っています。

歯科検診を通じ、地域の方々のクオリティ・オブ・ライフの向上をサポートしたいと考えています。

ご希望の企業は、希望日の一ヶ月くらい前までに電話またはFAX、メールにて、お問い合わせください。日程と内容について詳しいお話をさせて頂きます。

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、三越名古屋栄店歯科室まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • common_tel.png
  • 24時間受け付けております メールでのお問い合わせ